奥本園史プロコーチ紹介

奥本園史プロコーチ

奥本プロコーチ
(グランディ鳴門ゴルフクラブ36
専属コーチ)

「私の生徒は皆、関西で一番きれいなスイングをしている」と自信たっぷりに語るゴルフアカデミー・チームゼロの代表であり、コーチを担当する『奥本園史プロコーチ』。

他国のゴルフ理論を学ぶため単身オーストラリアに渡り、オーストラリアゴルフに出会う。
ボディースイング最強理論を日本人ゴルファーに伝えるため徹底的に勉強し、体の固い方、ボールに当たらずに困っておられる方、方向性の悪い方、アプローチの苦手な方などに学んでいただけるよう研究し、独自の理論を築きあげる。
皆に分かりやすい、親しみやすいレッスンをモットーにしています。

最近では、プロスポーツ選手や芸能人などに人気爆発のハルメソッドフィットネスを取り入れ、ゴルフがさらに易しく簡単に覚えられるようゴルフフィットネスと打球練習をレッスンの中でおこなっております。

受講者の皆様から「ゴルフが分かりやすくなった」「球が当たるようになった」などなど大好評をいただいております。

是非、私と一緒にゴルフの楽しさを学びましょう

名前 奥本 園史
指導歴 26年以上
ゴルフ歴 35年
指導人数 2000人以上
プロフィール
1961年:
兵庫県生まれ、干支=丑年、星座=山羊座、血液型=O型
1978年:
神戸明石ゴルフ場入社。プロを目指し研修生となるが、持病の腰痛に悩まされツアープロを断念し本格的にプロコーチを目指す。
1986年:
兵庫県神戸市菊水ゴルフクラブ・ゴルフスクール部として10年間レッスン指導を研究する。
1987年:
N.G.F日本ゴルフ財団認定指導者免許取得する。
1994年:
単身アメリカフロリダ州ミニツアートーナメント転戦(8試合出場)
1995年:
阪神淡路大震災の年の9月にファミリーゴルフスクールを設立し14年間徹底的に短期間で上達させるノウハウを追求し研究する。
2001年:
雑誌『現代画報 2001年12月号』の職人魂のコーナーにて取り上げられ掲載される。
2006~
2008年:
他国のゴルフ理論を学ぶため単身オーストラリアに渡り、元オーストラリア賞金王、トーナメントプロゴルファーオジー・モア氏と出会う。
2008年:
7月にオリックスゴルフマネージメント練習場支配人兼コーチとして入社。
2008年:
10月 新天地として須磨ゴルフセンターでレッスン活動を再開する。
2011年:
3月 徳島県鳴門市のマッケイゴルフ倶楽部鳴門校を開校。
2011年:
4月 リゾートトラスト株式会社と正式業務提携を結び、グランドエクシブ鳴門を新たな活動拠点とする。のちに グランディ鳴門ゴルフクラブ36の専属プロコーチとなる。
2011年:
12月 雑誌「国際グラフ」に現役プロレスラー藤波辰爾氏と対談。
2012年:
1月 神戸元町駅前に「Golf Fitness & Yoga Studio Team ZERO」を開校する。
レッスンの目的 ①ゴルフレッスンを通じて健全な青少年ジュニアの育成や常識のある人間形成を目的とする。未来のプロゴルファーを育ててみたい、またプロを目指す研修生からアスリートゴルファーまでの指導。
②老若男女問わず老後の楽しみ、話し合いの場、など楽しみながら学んでいただき、本当のゴルフの楽しさを肌で感じていただきたいと思っています。
指導者免許 N.G.F日本ゴルフ財団認定指導者免許取得
N.G.F公認プロインストラクター
インストラクター協会会員N.1900130
活動拠点 グランディ鳴門ゴルフクラブ36専属コーチ
須磨ゴルフセンター公認スクール
マッケイゴルフ倶楽部公認スクール
師弟関係 渡辺修プロ
好きな言葉 感謝、努力、義理人情、忘己利他
尊敬する人 母、兄、オジー・モアプロ、杉原輝雄プロ
大切なもの 家族、生徒
趣味 温泉巡り、釣り、スポーツ観戦
StAJf~[`[[\pdb